3D PRINTER STUDIO

> >

Shade 3D+3Dプリンター 実践活用ブック

マイナビ出版

-

A brief description

※この商品は固定レイアウト型の電子書籍です。
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。
※お使いの端末で無料サンプルをお試しいただいた上でのご購入をお願いいたします。

Shade 3Dと3Dプリンターで、3Dものづくりを始めよう!

3Dプリンターの認知度も高まり、個人で購入、またはサービスで作品を出力できる場所やデータを販売できる場も、増えてきました。本書では、そのような「3Dものづくり」の今と、Shade 3Dを使ってのモデリング、出力についてまとめた解説書です。

Chapter01「3Dプリンターについて」では3Dプリンターの基本を解説します。3Dプリンターの概要から仕組み、対応しているソフトについて、簡潔にまとめています。
Chapter02「Shade 3Dのモデリングと3Dプリント用データ出力」では、3DCソフトShade 3Dを使って、3Dプリント用のデータを制作する手順を解説しています。家具データ(テーブル、椅子)と、オリジナルiPhoneケースの2つの作例を掲載しています。
Chapter03は「3DCGソフトからShade 3Dを使って出力」。他の3DCGソフトで作ったデータも、Shade 3Dに読み込んで変換することで、3Dプリント用に自動でエラー修復してくれます。この章では3dsMAXとMMD(MikuMikuDance)のデータの変換プロセスを解説しています。

Chapter04「3Dプリントサービスと3Dプリント関連コミュ二ティサイト」では、現在展開されている3Dプリントサービスとその入稿方法、また3Dプリントに関連したコミュニティを紹介しています。
Chapter05「3Dプリント品の仕上げ加工について」では、データを3Dプリンターで出力した後の「仕上げ加工」について解説します。研磨剤などを用いてどのように仕上げるとよいのか、どういう仕上げ方法があるのか。より作品を美麗にするために、参考にしてみてください。
Chapter06「目指せMakers 自分の作品を販売してみる」では、作品の販売方法について、まとめました。DMM.makeやrinkaku、Shapewaysなど、販売する場所は増えてきています。
Chapter07「3Dプリンター市場の動向と今後の展望について」は、これから3Dプリントと3Dプリンターがどうなっていくのか、いくつかトピックを拾って解説しています。

「3Dプリンターやレーザーカッター、安価な電子機器が身近に存在することで、だれでも自由に試行錯誤を繰り返しながら、ものづくりを体験できるようになりました。
これらのツール類を、単なる道具として扱うのではなく、より良い発想力や創造性を高めるキッカケとして考えることで、従来のようなものづくりとは異なる、「未来のものづくり」の姿を描けるのではないでしょうか?」(著者「まえがき」より)

本書が、そんな未来のものづくりの第一歩として、お役に立てれば幸いです。


※2015/12/11:ファイルを更新しました。購入済みの方は再ダウンロードをお願いします。

レビュー

Related items

ビー・エヌ・エヌ新社
-